人間社会科学研究科には,社会創成専攻と臨床心理学専攻の二つの専攻を置き,社会創成専攻には,法政コース,地域経済コース,人文社会コース,健康・行動科学コースの4つのコースを設けています。コースへの配属は、研究計画書に基づき、入学直後に行います。

 臨床心理学専攻概要

教育課程の特色 

臨床心理学専攻では、高いレベルの臨床心理査定能力・臨床心理面接能力・臨床心理地域援助能力を基盤として、医療、福祉、教育、司法、産業領域で、カウンセラー等として活躍できる専門職業人を養成します。現代社会では、乳児期から見られる児童虐待への対応と家族の支援、企業におけるメンタルヘルスの問題、認知症患者への支援等高齢者への臨床心理学的援助などの諸問題に十分に取り組む必要があります。そのためには、法や制度、地域経済、地域の歴史や文化、社会福祉、また身体や脳の構造と機能に関する高度な科学的知見など幅広い学際的知識を持つことが必要です。人間社会科学研究科では、社会創成専攻との連携により、これまでと同様の高いレベルでの臨床心理学の専門知識と技能を身につけながら、福祉関係の職種との多職種連携や、産業・労働分野における社会問題の深い理解に基づく臨床心理的支援など、これまで十分には教育が行えていなかった幅広い学際的な知見を身につけた人を養成することができます。こうした人材が社会的な評価を得て活躍できることを担保するため、公認心理師と臨床心理士の双方の受験資格を得ることが可能となる教育課程を編成しています。

学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)

カリキュラム・ポリシー

アドミッション・ポリシー